平成23年5月28日 中間成果発表会を開催しました。


【中間成果発表会】

■開催日 平成23年5月28日(土) 13:00〜15:30
■会 場 佐賀大学 理工学部6号館1階 (佐賀市本庄町1番地)

【開催趣旨】
 「有明海を豊饒で人々に安らぎを与える豊かな海として再生する」という理念のもと、有明海の環境悪化の原因を総合的に研究し、再生策を提言することを目的に、平成17年6月にNPO法人有明海再生機構を10年期限で設立し、平成22年度に中間点の5年を経過しました。

 そこで、平成22年度は、中間点におけるこれまでの科学技術(調査研究)の到達点及び有明海再生に向けた今後の取り組むべき課題を確認し関係者の共通認識とするため、シンポジウムや有識者意見交換会などを開催し、主に研究者の意見を基に中間活動成果(案)としてとりまとめました。

 今回、当機構の支援会員を始め漁業者や流域住民など一般の方を対象に、当機構の有明海再生に向けた活動に対するより一層の理解と協力を求めるため、この中間活動成果(案)を報告し、成果発表会に御参加の一般の方との意見交換を行い、その結果を踏まえて、後日、当機構の中間提言として広く関係者に公表します。

 また、ポスターセッションを同時開催することにより、当機構が作成した有明海Q&A及び公募型研究助成の成果などこれまでの正会員・支援会員の具体的な研究成果等を広く紹介し、発表を通じて会員及び参加者との活発なディスカッションや情報交換が行われることを期待します。

【ポスターセッション プログラム】
発表者によるポスター説明 13:00〜13:30

【事業報告・総合討論 プログラム】
 1 開会 13:30〜13:35 主催者挨拶
 2 平成22年度再生機構の事業概要報告 13:35〜13:45
 3 総合討論 〜有明海の豊かさを次世代に〜 13:45〜15:30
   ・有明海調査研究における科学技術の到達点 ・有明海再生に向けた今後の課題

平成23年5月28日佐賀大学理工学部都市工学科大講義室にて中間成果発表会を開催しました。
当日は約70名の参加がありました。

併せて、助成研究発表他のポスターセッションを開催いたしました。

中間成果発表会                 ポスターセッション

 

H23.05.28 中間成果発表会 講演録