平成23年10月7日 有明海講座を開催しました


 

 【平成23年度 第1回有明海講座】

日 時 平成23年10月7日(金)10:00〜11:30

場 所 アバンセ 第3研修室(佐賀市)

受講者数 約30名

テーマ
RIコーン貫入試験の軟弱地盤への適用と水域への応用

講 師
信州大学工学部土木工学科 准教授 梅崎 健夫 氏

内 容
CPDS認定講座 1980年代から世界ではコーン貫入試験が使われるようになっているが、日本の地盤は欧米と違い軟弱地盤ばかり、砂地盤ばかりという均等な地盤がほとんどないため、標準貫入試験が行われており、コーン貫入試験はあまり普及していないということでした。
コーン貫入試験を用いた調査・設計・施工管理法の基本的な考え方として、ボーリング調査と室内土質試験の利用、土質定数を推定するための算定係数の決定には地盤の地域特性を考慮するべきということ、コーン貫入試験だと細かいデータが出るため、細かすぎるデータをどう処理するのか、経時変化量の評価には土層ごとの比較・検討をすること、ということでした。 
また、実際のデータを見ながら、RIコーン貫入試験による土質定数の推定を説明して頂きました。

 

H23.10.07 有明海講座 講演録